コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得動機 しょとくどうきincome motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所得動機
しょとくどうき
income motive

J.M.ケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』で唱えた流動性選好説であげた貨幣を保存する動機の一つ。彼は流動性を選好する動機として,(1) 取引動機,(2) 予備的動機,(3) 投機的動機の3つをあげた。このうち取引動機とは個人や企業が日々の取引を行うため貨幣を必要とするというものであり,これはさらに所得動機と営業動機に分けられる。所得動機とは所得を受取ってから支出するまでの時間的なずれのために貨幣を保有する動機が生じるというものである。この強さは所得の大きさ,および平均的な支出期間の長さに依存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android