所得支出勘定(読み)しょとくししゅつかんじょう(英語表記)income and outlay accounts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所得支出勘定
しょとくししゅつかんじょう
income and outlay accounts

国民経済計算において生産活動によって生み出された要素所得などが各制度部門に分配され,そして受取られた要素所得がどのような形態で再分配されたかを制度部門別に示す勘定。所得支出勘定の意義は実物面をとらえる国民所得勘定と金融活動をとらえる資本調達勘定 (資金循環勘定) との接合を可能にしたこと,この勘定を通じてストック面の勘定である国民および部門別貸借対照表との接合を可能にしたことにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android