コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所相 ショソウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐そう〔‐サウ〕【所相】

受け身4」に同じ。⇔能相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょそう【所相】

〔大槻文彦の「広日本文典」の用語〕
受け身を示す文法形式。動詞に「る」「らる」、「れる」「られる」を添えて示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所相の関連キーワードコンスタンティン ブラティアヌT.T. クリシュナマチャリA.P.G.A. タルデューアレクサンドル リフシツA.H. J.M ルンスみやぎ被害者支援センターD.S. マクドナルド高齢者総合相談センターインナー・キャビネットA. マサンバ・デバザイス・インクワルトカルロ スフォルツァバンサン オリオールニコラ グルエフスキオスティン ウンデンイシュトバン ドビランズダウン(侯)G. マレンコフA. エンテザム経済負荷配分装置

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所相の関連情報