コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇ガ谷 おうぎガやつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扇ガ谷
おうぎガやつ

神奈川県南東部,鎌倉市中部の地区。中心市街地の北西に接する丘陵地にあり,鎌倉時代には亀谷 (かめがやつ) と呼ばれたが,この地に住んだ関東管領上杉定正が扇谷殿と称せられてから地名となった。鎌倉五山の第3位で境内が史跡に指定されている寿福寺をはじめ英勝寺浄光明寺海蔵寺などの諸寺がある。ほか史跡に冷泉為相の墓,鎌倉七切通しの仮粧 (けはい) 坂,亀ヶ谷坂がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

扇ガ谷の関連キーワード浄光明寺境内神奈川県鎌倉市佐助日野俊基墓寿福寺境内亀ケ谷坂仮粧坂

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扇ガ谷の関連情報