コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇ガ谷 おうぎガやつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扇ガ谷
おうぎガやつ

神奈川県南東部,鎌倉市中部の地区。中心市街地の北西に接する丘陵地にあり,鎌倉時代には亀谷 (かめがやつ) と呼ばれたが,この地に住んだ関東管領上杉定正が扇谷殿と称せられてから地名となった。鎌倉五山の第3位で境内が史跡に指定されている寿福寺をはじめ英勝寺浄光明寺海蔵寺などの諸寺がある。ほか史跡に冷泉為相の墓,鎌倉七切通しの仮粧 (けはい) 坂,亀ヶ谷坂がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扇ガ谷の関連情報