コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀ヶ谷坂 カメガヤツザカ

2件 の用語解説(亀ヶ谷坂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめがやつ‐ざか【亀ヶ谷坂】

神奈川県鎌倉市北部にある峠坂。扇ヶ谷(おうぎがやつ)山ノ内を結ぶ。鎌倉七口の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

かめがやつざか【亀ヶ谷坂】


神奈川県鎌倉市扇ガ谷・山ノ内にある坂道。鎌倉七口(ななくち)の一つで、別名「亀返(かめかえり)坂」(急坂のため亀も引き返した、ひっくり返った)といわれている。現在の山ノ内から扇ガ谷を結んでおり、頂上付近が深い切り通しになっていることなどから、中世の旧状をよくとどめているとされ、1969年(昭和44)に国の史跡に指定された。道は建長寺の西側、長寿寺の東に接するところで巨福呂(こぶくろ)坂からの道と合流。鎌倉から武蔵方面に通じる重要な出入り口だった。江戸時代初期の『玉舟和尚鎌倉記』では「亀ヶ井坂」、水戸光圀(みつくに)が命じて編纂させた1685年(貞享2)の『新編鎌倉志』以降は「亀ヶ谷坂」と記されている。鎌倉時代にこの位置に道があった確実な証拠はないが、おそくとも鎌倉時代後期までには、現在の位置に切り通しがあったことは確認されている。JR横須賀線ほか鎌倉駅から江ノ電バス「上町」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

亀ヶ谷坂の関連キーワード神奈川県鎌倉市岩瀬神奈川県鎌倉市扇ガ谷神奈川県鎌倉市大船神奈川県鎌倉市鎌倉山神奈川県鎌倉市佐助神奈川県鎌倉市台神奈川県鎌倉市玉縄神奈川県鎌倉市津神奈川県鎌倉市常盤神奈川県鎌倉市山崎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone