扇状地礫岩(読み)せんじょうちれきがん(英語表記)fanglomerate

岩石学辞典の解説

扇状地礫岩

沖積層の扇状地の礫岩または角礫岩.特に川の勾配が突然に変化する場合に形成される.扇状地の物質は一般に分級が悪く多源(polymictic)である[Lawson : 1913, Krumbein & Sloss : 1951].奔流角礫岩(torrent breccia)[Raynolds : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android