コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇芭蕉 オウギバショウ

デジタル大辞泉の解説

おうぎ‐ばしょう〔あふぎバセウ〕【扇××蕉】

バショウ科の常緑高木。高さ10~30メートル。葉は幹の先から左右2列に並んで出て、扇形になる。マダガスカル島の原産で、湿地に生え、葉鞘(ようしょう)にたまる水を旅行者が利用したことから、旅人の木旅人木(りょじんぼく)ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうぎばしょう【扇芭蕉】

タビビトノキの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

扇芭蕉 (オウギバショウ)

学名:Ravenala madagascariensis
植物。バショウ科の大高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

扇芭蕉の関連キーワードタビビトノキ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扇芭蕉の関連情報