手を上げる(読み)テヲアゲル

デジタル大辞泉の解説

手(て)を上(あ)・げる

降参する。「攻めたてられて思わず―・げる」
なぐろうとして手を振り上げる。乱暴をはたらく。「親に向かって―・げる」
腕前や技量が進歩する。上達する。「ゴルフの―・げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てをあげる【手を上げる】

降参する。屈伏する。また、手に余って投げ出す。
なぐろうとしてこぶしをふりあげる。 「親に-・げるとは」
上達する。腕をあげる。
平伏していた手を上げて、普通の姿勢に戻る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て【手】 を 上(あ)げる

① 下げていた手、または平伏して突いていた手を元の位置にもどす。
※雲形本狂言・二千石(室町末‐近世初)「俄の慇懃迷惑致す、ちとお手をあげられい」
② 降参する。屈服する。白状する。また、閉口して投げ出す。
※玉塵抄(1563)五四「他村の民は上から茶を権せられたほどに利利を失て手をあげたぞ」
③ 殴ろうとして拳(こぶし)を振りあげる。ぶつなどの乱暴をする。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉五七「はじめから国手(せんせい)の身体に向うて手を挙げうとは思はんのですけれど」
④ 飲酒量を増やす。
※仕立屋マリ子の半生(1928)〈十一谷義三郎〉二「道楽のメナダ釣りにさへ、愚癡が多くなり、それを消す為に呑んだ酒が、だんだん手をあげて」
⑤ 賛成する。同意する。
※文学と政治のあいだ(1947)〈杉浦明平〉「大がいの人が今日の情勢の下にあっては、後の方に手をあげるだろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

手を上げるの関連情報