半生(読み)はんせい

精選版 日本国語大辞典「半生」の解説

はん‐せい【半生】

〘名〙
① 一生涯の大部分。また、大人になってからの生涯の大部分。半世
※両足院本山谷抄(1500頃)二〇「我は六十で有ほどに、はや半生を過たに」 〔牟融‐贈鴎陽詹詩〕
② 死にかかっていること。はんしょう。〔庾信‐慨然成詠詩〕
③ なかば生(なま)であること。はんなま。
随筆・孔雀楼筆記(1768)一「米釜中に在て、半生半熟す」

はん‐なま【半生】

〘名〙
① (形動) 十分に煮えたり、乾いたりしていないこと。また、そのさま。「半生の芋」
③ (形動) 知識などが、生はんかであること。また、そのさま。「半生の学問

はん‐しょう ‥シャウ【半生】

〘名〙 (古く「はんじょう」とも) 生死のさかいにあること。「半死半生」 〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半生」の解説

はん‐なま【半生】

[名・形動]
なま煮えであること。また、そのさま。「半生な(の)野菜
なま乾きであること。また、そのさま。「半生な(の)イカ
知識などが十分でないこと。また、そのさま。半可通。「半生な(の)学問」
半生菓子はんなまがし」の略。

はん‐せい【半生】

一生の半分。また、ある時まで送ってきた生涯。今までの人生。「半生を振り返る」
[類語]前半生後半生

はん‐しょう〔‐シヤウ〕【半生】

生死のさかいにあること。「半死半生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「半生」の解説

【半生】はんせい

一生の半ば。〔晋書、魏詠之伝〕生まれながらにして缺()なり。~曰く、(さ)きて之れを補ふべし。但だ(すべか)らく百日粥をめ、語笑するを得ざるべしと。詠之曰く、生語らざるもり。亦た當(まさ)に之れを療(いや)すべし。況んや百日をやと。(殷)仲堪~善く之れを療(いや)さしむ。

字通「半」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android