半生(読み)ハンショウ

  • はんしょう ‥シャウ
  • はんしょう〔シヤウ〕
  • はんせい
  • はんなま

デジタル大辞泉の解説

生死のさかいにあること。「半死半生
一生の半分。また、ある時まで送ってきた生涯。今までの人生。「半生を振り返る」
[名・形動]
なま煮えであること。また、そのさま。「半生な(の)野菜」
なま乾きであること。また、そのさま。「半生な(の)イカ」
知識などが十分でないこと。また、そのさま。半可通。「半生な(の)学問」
半生菓子(はんなまがし)」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古く「はんじょう」とも) 生死のさかいにあること。「半死半生」 〔文明本節用集(室町中)〕
〘名〙
① 一生涯の大部分。また、大人になってからの生涯の大部分。半世。
※両足院本山谷抄(1500頃)二〇「我は六十で有ほどに、はや半生を過たに」 〔牟融‐贈鴎陽詹詩〕
② 死にかかっていること。はんしょう。〔庾信‐慨然成詠詩〕
③ なかば生(なま)であること。はんなま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)一「米釜中に在て、半生半熟す」
〘名〙
① (形動) 十分に煮えたり、乾いたりしていないこと。また、そのさま。「半生の芋」
③ (形動) 知識などが、生はんかであること。また、そのさま。「半生の学問」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半生の関連情報