コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱暴 ランボウ

デジタル大辞泉の解説

らん‐ぼう【乱暴】

[名・形動](スル)
道理を無視して、荒々しい振る舞いをすること。また、そのさま。「酔って乱暴を働く」「乱暴な男」「乱暴されたと訴える」
やり方・扱い方が、荒っぽく雑であること。また、そのさま。「乱暴な運転」「道具を乱暴に扱う」「それは乱暴な話だ」
[派生]らんぼうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんぼう【乱暴】

( 名 ) スル
荒々しく振る舞うこと。暴力を振るってあばれること。 「 -を働く」 「子供に-してはいけない」 「 -者もの
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
粗雑なこと。いい加減で、荒っぽいこと。また、そのさま。 「論理の飛躍した-な結論だ」 「品物を-に扱う」 「 -な言葉」 〔violence の訳語〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乱暴の関連キーワード手が付けられないアウトレージ切った張ったバイオレンス凶賊・兇賊ラフプレー打っ叩く乱暴狼藉投付ける暴れ丹前らんぼう荒ぶる神打っ倒す無法破り荒くれ者悪たれ者暴れん坊落花狼藉書殴る乱れ書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱暴の関連情報