コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十一谷義三郎 じゅういちやぎさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十一谷義三郎
じゅういちやぎさぶろう

[生]1897.10.14. 神戸
[没]1937.4.2. 神奈川,大楠
小説家。 1922年東京大学英文科卒業。エキゾチックな耽美趣味に富む『唐人お吉』 (1928) で声価を得た。代表作『仕立屋マリ子の半生』 (28) ,『あの道この道』 (28) ,『神風連』 (32~34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

十一谷義三郎【じゅういちやぎさぶろう】

小説家。神戸市生れ。東大英文科卒。在学中に同人雑誌行路》を創刊。卒業後は東京府立一中,文化学院などで教えながら創作に励んだ。1924年《文芸時代》に加わるが,新感覚派とは一線を画した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十一谷義三郎 じゅういちや-ぎさぶろう

1897-1937 大正-昭和時代前期の小説家。
明治30年10月14日生まれ。文化学院教授として英文学をおしえるかたわら,横光利一らの「文芸時代」同人となる。昭和3年「唐人お吉」で国民文芸賞。のち「神風連」など歴史小説を中心に活躍した。昭和12年4月2日死去。41歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅういちやぎさぶろう【十一谷義三郎】

1897‐1937(明治30‐昭和12)
小説家。神戸市生れ。東大英文科卒。文化学院教授。父を早く失い,家庭的には不幸で,かつ虚弱であったことから,不安,自虐,虚無の繊細な心理を描くことにたけた。初期には《静物》(1922),《昇天》(1923)などがある。1924年には新感覚派機関誌《文芸時代》の同人に参加し,のちにその知性と敗残への共感が融合された《仕立屋マリ子の半生》(1928),《あの道この道》(1929)などを出した。その才能が十分に開花すべき対象を,幕末の下田芸者お吉のくずれ行く生涯に求め,時代と運命にもてあそばれる女性悲劇を《唐人お吉》(1928‐31)に書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅういちやぎさぶろう【十一谷義三郎】

1897~1937) 小説家。神戸生まれ。東大卒。「文芸時代」に参加。知的な文体で知られる。代表作「唐人お吉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十一谷義三郎
じゅういちやぎさぶろう
(1897―1937)

小説家。神戸市に生まれる。父の死、兄の出奔と続く艱難(かんなん)を経て、高校時代から文学を志す。東京帝国大学英文科在学中、同人誌『行路』を創刊。卒業後、教職のかたわら創作に励んで『静物』(1923)を上梓(じょうし)する。1924年(大正13)『文芸時代』創刊に参加。『青草』(1924)、『仕立屋マリ子の半生』(1928)、幕末下田(しもだ)の史実に取材し好評を博した『唐人お吉』(1928)、『神風連』(1932~34)などの代表作を遺(のこ)して病没。敗残者への共感、現世放棄的傾向に特徴がある。[高橋真理]
『『現代日本文学大系62 十一谷義三郎他集』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十一谷義三郎の言及

【唐人お吉】より

…没後お吉への同情の風潮がたかまり,村松春水らによる史実研究や伝聞収集が行われた。十一谷義三郎(じゆういちやぎさぶろう)著の小説《唐人お吉》(1928),《時の敗者唐人お吉》(1929)が発表され,開国期の一女性の悲劇を掘り下げた点が注目される。さらに真山青果に《唐人お吉》(1930),《唐人お吉と攘夷群》(1931),山本有三に《女人哀詞》(1930)の戯曲があり,それぞれ舞台化され好評であった。…

※「十一谷義三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十一谷義三郎の関連キーワード清野 暢一郎静岡県下田市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android