コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十一谷義三郎 じゅういちやぎさぶろう

7件 の用語解説(十一谷義三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十一谷義三郎
じゅういちやぎさぶろう

[生]1897.10.14. 神戸
[没]1937.4.2. 神奈川,大楠
小説家。 1922年東京大学英文科卒業。エキゾチックな耽美趣味に富む『唐人お吉』 (1928) で声価を得た。代表作『仕立屋マリ子の半生』 (28) ,『あの道この道』 (28) ,『神風連』 (32~34) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅういちや‐ぎさぶろう〔ジフイチやギサブラウ〕【十一谷義三郎】

[1897~1937]小説家。兵庫の生まれ。「文芸時代」同人。新感覚派の一人。作「唐人お吉」「神風連」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十一谷義三郎【じゅういちやぎさぶろう】

小説家。神戸市生れ。東大英文科卒。在学中に同人雑誌《行路》を創刊。卒業後は東京府立一中,文化学院などで教えながら創作に励んだ。1924年《文芸時代》に加わるが,新感覚派とは一線を画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十一谷義三郎 じゅういちや-ぎさぶろう

1897-1937 大正-昭和時代前期の小説家。
明治30年10月14日生まれ。文化学院教授として英文学をおしえるかたわら,横光利一らの「文芸時代」同人となる。昭和3年「唐人お吉」で国民文芸賞。のち「神風連」など歴史小説を中心に活躍した。昭和12年4月2日死去。41歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅういちやぎさぶろう【十一谷義三郎】

1897‐1937(明治30‐昭和12)
小説家。神戸市生れ。東大英文科卒。文化学院教授。父を早く失い,家庭的には不幸で,かつ虚弱であったことから,不安,自虐,虚無の繊細な心理を描くことにたけた。初期には《静物》(1922),《昇天》(1923)などがある。1924年には新感覚派の機関誌《文芸時代》の同人に参加し,のちにその知性と敗残への共感が融合された《仕立屋マリ子の半生》(1928),《あの道この道》(1929)などを出した。その才能が十分に開花すべき対象を,幕末の下田芸者お吉のくずれ行く生涯に求め,時代と運命にもてあそばれる女性悲劇を《唐人お吉》(1928‐31)に書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅういちやぎさぶろう【十一谷義三郎】

1897~1937) 小説家。神戸生まれ。東大卒。「文芸時代」に参加。知的な文体で知られる。代表作「唐人お吉」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十一谷義三郎
じゅういちやぎさぶろう
(1897―1937)

小説家。神戸市に生まれる。父の死、兄の出奔と続く艱難(かんなん)を経て、高校時代から文学を志す。東京帝国大学英文科在学中、同人誌『行路』を創刊。卒業後、教職のかたわら創作に励んで『静物』(1923)を上梓(じょうし)する。1924年(大正13)『文芸時代』創刊に参加。『青草』(1924)、『仕立屋マリ子の半生』(1928)、幕末下田(しもだ)の史実に取材し好評を博した『唐人お吉』(1928)、『神風連』(1932~34)などの代表作を遺(のこ)して病没。敗残者への共感、現世放棄的傾向に特徴がある。[高橋真理]
『『現代日本文学大系62 十一谷義三郎他集』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十一谷義三郎の言及

【唐人お吉】より

…没後お吉への同情の風潮がたかまり,村松春水らによる史実研究や伝聞収集が行われた。十一谷義三郎(じゆういちやぎさぶろう)著の小説《唐人お吉》(1928),《時の敗者唐人お吉》(1929)が発表され,開国期の一女性の悲劇を掘り下げた点が注目される。さらに真山青果に《唐人お吉》(1930),《唐人お吉と攘夷群》(1931),山本有三に《女人哀詞》(1930)の戯曲があり,それぞれ舞台化され好評であった。…

※「十一谷義三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十一谷義三郎の関連キーワード廚川白村鈴木豹軒阿部知二上林暁里見弴野上豊一郎服部宇之吉兵庫県神戸市中央区京町兵庫県神戸市西区糀台兵庫県神戸市北区東大池

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone