コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手元資金 テモトシキン

デジタル大辞泉の解説

てもと‐しきん【手元資金】

代金の支払いなどにいつでも使用できる、流動性の高い資金の総称現金普通預金が代表的だが、満期が3か月以内の有価証券定期預金等を加える場合もある。手元資金を潤沢に保有することで不測の事態に対処しやすくなるが、利子がほぼ付かないため、必要以上の確保は資金効率の面で望ましくないとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手元資金の関連キーワードフリー・キャッシュフローマネジメント・バイアウトストックオプション財政資金対民間収支米国の自動車業界日銀当座預金残高ビッグ・スリー世界同時株安エスマーク物言う株主コール市場内部留保金利政策MBO代金

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手元資金の関連情報