コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手元資金 テモトシキン

デジタル大辞泉の解説

てもと‐しきん【手元資金】

代金の支払いなどにいつでも使用できる、流動性の高い資金の総称。現金普通預金が代表的だが、満期が3か月以内の有価証券定期預金等を加える場合もある。手元資金を潤沢に保有することで不測の事態に対処しやすくなるが、利子がほぼ付かないため、必要以上の確保は資金効率の面で望ましくないとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手元資金の関連情報