手品遣(読み)てじなつかい

精選版 日本国語大辞典の解説

てじな‐つかい ‥つかひ【手品遣】

文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「かの手品(テジナ)つかひなどが、鶏卵を掌の中でかへして、庭鳥が飛で出るなどが人の目をくらます術といふもので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android