コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手品 てじな

5件 の用語解説(手品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手品
てじな

巧妙な技術で人の目をだます芸能の一種。手妻 (てづま) ともいう。西域から中国に入った幻術,幻戯が奈良時代に散楽とともに輸入され,その散楽を通して田楽法師などに伝えられた品玉 (しなだま) ,輪鼓 (りゅうご) などの技芸から展開したものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

て‐じな【手品】

巧みな手さばきで、人の目をくらまし、不思議なことをしてみせる芸。奇術。「手品の種あかし」
人の目を別にそらして人をあざむくための手段や方法のたとえ。マジック。トリック。まやかし。「言葉の手品を使ってだます」
手並み。腕前。
「ただ君と我とがおのおの―を知らんとなり」〈今昔・二五・三〉
手つき。手振り。
「拳(けん)の―の手もたゆく」〈浄・冥途の飛脚

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手品【てじな】

奇術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てじな【手品】

指先や器具を巧みに操り、人の注意をそらせておいて、不思議なことをして見せる芸。仕掛けを主体とする大掛かりなものを特に奇術と称する場合がある。てづま。 「 -の種」
腕前。手並み。 「 -は皆見えぬ、弊つたなき事なし/今昔 25
手の動かし方。手つき。手ぶり。 「菜刀取つて切り刻きざみ、ちよき〱、〱と-よく/浄瑠璃・菅原」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手品
てじな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手品の言及

【奇術】より

…合理的な手段を用いて人工的な奇現象を創造し,みる人を楽しませることを目的とした芸能もしくは娯楽。〈手品〉〈手妻〉などともいう。紀元前後,アレクサンドリアのヘロンが祭壇で火を燃やすと,神殿の扉が開くといった自動装置をいくつか発明したが,トリッキーな奇術的発想はあっても,芸能的要素がないため奇術とはいいがたい。…

【柳川一蝶斎】より

…日本手品師。(1)初代 生没年不詳。…

※「手品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手品の関連キーワード一指指画首班ずばっと拇指ヘナカルテット3/指揮官指物町指(差)袴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手品の関連情報