コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手掌紅斑 しゅしょうこうはんred palm; palmar erythema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手掌紅斑
しゅしょうこうはん
red palm; palmar erythema

手のひらの周辺部,特に親指つけ根のふくらみの部分に顕著な血管拡張性紅斑をいう。肝障害,特に慢性肝炎や肝硬変に際して現れることが多く,しばしばくも状血管腫を合併する。肝障害によって血中のエストロゲンがふえる結果,毛細血管が拡張して起ると考えられる。紅斑以外に自覚症状はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

手掌紅斑の関連キーワード皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)肝臓のしくみとはたらき皮膚のしくみとはたらき門脈圧亢進症肝癌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android