コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手摺り テスリ

デジタル大辞泉の解説

て‐すり【手×摺り】

人がつかまるために、橋・階段やベランダなどの縁に取り付ける横木や柵。欄干。
《「てずり」「ですり」とも》人形芝居の舞台で、人形遣いの腰から下を隠す横板。文楽では三つあり、舞台の奥か手前から一の手・二の手・三の手という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てすり【手摺り】

橋・階段などで、歩く人がつかまるように取り付けた柵、または柵の上に渡した横棒。高欄。
人形浄瑠璃の舞台で、人形遣いの腰から下を隠すために設けた横板。文楽系の三人遣い人形の舞台では手前から奥へ三段に設けてある。また一人遣い人形では、人形遣いの身体を隠す高さに、張った幕をいう。 → もじ手摺り

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手摺りの関連キーワード手摺り舞台人形芝居人形遣いベランダ綟手摺りずり横木親柱横板欄干

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手摺りの関連情報