コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手摺り テスリ

2件 の用語解説(手摺りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐すり【手×摺り】

人がつかまるために、橋・階段やベランダなどの縁に取り付ける横木や柵。欄干。
《「てずり」「ですり」とも》人形芝居の舞台で、人形遣いの腰から下を隠す横板。文楽では三つあり、舞台の奥か手前から一の手・二の手・三の手という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てすり【手摺り】

橋・階段などで、歩く人がつかまるように取り付けた柵、または柵の上に渡した横棒。高欄。
人形浄瑠璃の舞台で、人形遣いの腰から下を隠すために設けた横板。文楽系の三人遣い人形の舞台では手前から奥へ三段に設けてある。また一人遣い人形では、人形遣いの身体を隠す高さに、張った幕をいう。 → もじ手摺り

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手摺りの関連情報