手数料値下げ競争(読み)てすうりょうねさげきょうそう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

手数料値下げ競争

株売買にかかる手数料の値引き競争のこと。規制緩和によって、新規証券会社の参入と、デイトレーダーやスイングトレーダーの爆発的増加が引き金となっている模様で、主に一般投資家がその恩恵の対象となっている。また株式売買のIT化なども一役買って、さらに手数料の値下げ競争が激化。とりわけ新規参入が増えているオンライン専門証券同士の競争が激しい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android