コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手猿楽 テサルガク

デジタル大辞泉の解説

て‐さるがく【手猿楽】

素人または他の芸出身者の演じる能。また、その集団。室町後期に流行し、多くは職業化して大衆的な興行を行ったが、江戸時代に入って衰えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てさるがく【手猿楽】

中世から近世初期に、武士や商人などの素人が演じた能、およびその集団。広義には、猿楽専業者であっても大和猿楽四座に属さない者が演じる能をもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手猿楽の言及

【和泉流】より

…室町中期の江州坂本の隠士佐々木岳楽軒を流祖とし,その芸系が6世鳥飼和泉守元光まで伝えられてきたと伝承するが確かでない。和泉守は手猿楽(素人猿楽)に与えられた受領号であり,摂津猿楽鳥飼座より出て京都で手猿楽の狂言として活動するようになったものと考えられる。元光は大蔵流鷺流の芸系に加えられる日吉満五郎の教えを受けたと伝えられ,両流と同じ芸系にあることになる。…

【声聞師】より

…この京都の声聞師は曲舞ばかりでなく能をも演じている。彼らは大和猿楽など本来の猿楽座と区別して〈手猿楽(てさるがく)〉(素人猿楽の意)と呼ばれるが,正月の松囃子(まつばやし)などのおりに宮中や仙洞でしきりに能を演じており,能の歴史のうえでも逸することのできない存在である。【天野 文雄】。…

※「手猿楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手猿楽の関連キーワード大和猿楽四座暮松新九郎鷺仁右衛門窪田統泰和泉流素人広義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android