コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手箱 テバコ

デジタル大辞泉の解説

て‐ばこ【手箱】

手回りの小道具や化粧道具などを入れておく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てばこ【手箱】

手回りの小道具を入れておく小箱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の手箱の言及

【箱】より

…これらは室内にあって装飾を兼ねた調度品の役目をもっていた。とくに平安時代において女性の座右にあり,教養と美容のための必要品を収納した箱は手箱であった。《類聚雑要抄》によると,手箱は内部に三つの懸子(かけご)を設け,数多くの小箱を納めた。…

※「手箱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手箱の関連キーワード花手箱・羽子板・獅子頭きじ馬・花手箱・羽子板仕掛け文庫・仕掛文庫カスケット・レターズサントリー美術館橋本市蔵(初代)三嶋大社宝物館出雲大社宝物殿石鎚国定公園鉤笥・鈎笥畠山記念館バジョーフ川之辺一朝三井 義夫音丸 耕堂ルーン文字薬籠・薬篭ワシレンコ溝口 三郎隅赤・角赤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手箱の関連情報