コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手回り テマワリ

デジタル大辞泉の解説

て‐まわり〔‐まはり〕【手回り】

手の届くあたり。身のまわり。身近。また、身辺に置いて使うもの。「手回りの小間物」
常に身近に仕える者。また、身辺を護衛する者。
「―少々御供にて」〈浄・嫗山姥
家計。暮らし向き。
「―もよく幾はへか庭に五つのたなつ物」〈浄・宵庚申

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てまわり【手回り】

身の回り。身辺。また、身の回りの道具。 「 -を整頓せいとんする」
常に主人の身近に仕え、世話をしたり警護をしたりする者。 「 -少々御供にて/浄瑠璃・嫗山姥」
暮らし向き。家計の状態。 「 -もよく幾はへか庭に五つのたなつ物/浄瑠璃・宵庚申

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手回りの関連キーワード用箪笥・用簞笥手箪笥・手簞笥ハンドバッグ鉄道手荷物航空手荷物御厨子棚ポケット呉服師二階棚手荷物浄瑠璃乱れ箱貴重品行李居間回り小蓋赤帽調度文庫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android