コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手草 タクサ

デジタル大辞泉の解説

た‐くさ【手草】

《「たぐさ」とも》歌ったり舞ったりするときなどに、手に持つもの。神楽の採り物としての笹など。
「天の香山の小竹葉を―に結ひて」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たぐさ【手草】

歌舞などの時、手にとるもの。笹など。 「天の香山の小竹葉を-に結ひて/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

手草 (テクサ)

植物。イネ科タケササ類で大形の竹の総称。タケの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

手草の関連キーワード神楽(歌舞)出雲神楽片葉の葦火挵り採物香山歌舞

手草の関連情報