コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打っこ抜く ブッコヌク

デジタル大辞泉の解説

ぶっこ‐ぬ・く【打っこ抜く】

[動カ五(四)]
突き抜く。また、仕切りをとりのぞいて続かせる。ぶちぬく。「山を―・いて隧道(ずいどう)をつくる」
勢いよく抜き去る。「釘を―・く」
間を抜いてとばす。転じて、休演する。
「一日位―・いても宜う御座えやす」〈人・春色江戸紫・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっこぬく【打っこ抜く】

( 動五[四] )
勢いよく抜く。抜き取る。 「大根を-・く」
穴をあける。また、仕切りなどを取り去って、ひと続きにする。ぶちぬく。 「三部屋-・いて宴会をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打っこ抜くの関連キーワード隧道宴会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android