コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜姫東文章 さくらひめあづまぶんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜姫東文章
さくらひめあづまぶんしょう

歌舞伎狂言。7幕9場。4世鶴屋南北作。文化 14 (1817) 年江戸河原崎座で初演。通称『桜姫』。吉田家の息女桜姫は,乱暴された釣鐘権助が忘れられず女房になり,すすんで女郎にもなる。僧清玄は桜姫が,心中した相手の稚児白菊丸の転生であることを知りつきまとうが,殺される。清玄の霊により権助こそ家の敵と知った桜姫は,仇討ちを果して吉田の家へ帰参する。白菊の因果と僧清玄の堕落を中心に,数奇な運命を奔放に生きる高貴な姫をからませて描いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくらひめあずまぶんしょう【桜姫東文章】

歌舞伎狂言。7幕12場。別名題《清水精舎(きよみずでら)東文章》《当流東文章》。4世鶴屋南北作。1817年(文化14)3月江戸河原崎座初演。配役は,桜姫のちに風鈴お姫を5世岩井半四郎,自休のちに清玄・釣鐘権助実は信夫の惣太・稲野谷半兵衛を7世市川団十郎,稚児白菊丸・稲野谷半十郎を岩井松之助,小雛・葛飾のお十を5世瀬川菊之丞,入間悪五郎・残月を大谷鬼次,局長浦を惣領甚六。題材は,《一心二河白道(いつしんにがびやくどう)》の〈清玄桜姫〉の世界と〈隅田川〉の吉田家のお家騒動を綯交(ないま)ぜ,これに当時(1807年),品川の遊女屋に,京の日野中納言の息女と称する遊女がいて評判になり,のちに偽物とわかり追放されたという巷間の話題を仕組んだもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくらひめあずまぶんしょう【桜姫東文章】

歌舞伎狂言。世話物。七幕。四世鶴屋南北作。1817年(文化14)江戸河原崎座初演。清玄・桜姫の話、吉田家のお家騒動の話などを綯ない交ぜにして脚色したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜姫東文章
さくらひめあずまぶんしょう

歌舞伎(かぶき)脚本。時代世話物。7幕。4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作。1817年(文化14)3月江戸・河原崎座(かわらさきざ)で、5世岩井半四郎の桜姫、7世市川団十郎の清玄(せいげん)と権助(ごんすけ)(二役)らによって初演。「清玄桜姫」「隅田川(すみだがわ)」の二つの世界に悪党釣鐘権助を配したもの。姫から女郎に堕(お)ちる異常な境遇のヒロインは、当時の品川に中納言(ちゅうなごん)の姫と自称した女郎がいたのをモデルにしたという。吉田家の息女桜姫は、自分を手籠(てご)めにした夜盗釣鐘権助に強くひかれ、再度の密会を佞臣(ねいしん)にみつけられて、罪をかぶった清水寺(きよみずでら)の僧清玄とともに晒(さら)し者にされる。かつて衆道の相手白菊丸を心中未遂で殺した清玄は、その生まれ変わりのしるしをもつ桜姫を激しく恋し、流浪のすえに岩淵(いわぶち)の庵室(あんしつ)で姫と再会すると無理心中を迫り、誤って殺される。姫は権助に売られて小塚原(こづかっぱら)の遊廓(ゆうかく)で風鈴(ふうりん)お姫とよばれる女郎になるが、清玄の亡霊に悩まされるうち、権助こそ親と弟の敵(かたき)信夫(しのぶ)の惣太(そうた)と知って、これを討つ。
 風鈴お姫に、みやびなことばと女郎の卑しいことばをまぜこぜに使わせるなど、作者独特の才気を中心に、桜姫、清玄、権助の絡み合いで、愛欲の姿を鮮やかに描いた作。初演以後絶えていたのを、昭和になって復活、近年は5世坂東(ばんどう)玉三郎が得意とし、また前衛劇などでも取り上げている。[松井俊諭]
『『鶴屋南北全集6』(1971・三一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桜姫東文章の言及

【清玄桜姫物】より

…古くは土佐浄瑠璃の《一心二河白道(いつしんにがびやくどう)》があり,同じ外題で1698年(元禄11)に初演された近松門左衛門作の歌舞伎では,外題の示すとおり,女色男色の二道に狂う清玄が描かれた。この系統の鶴屋南北作《桜姫東文章》は,江の島の児ヶ淵伝説に基づいて,桜姫を清玄の念友であった稚児白菊の生れ変りとする因果譚の構成をとる。また〈双面(ふたおもて)〉の趣向を取り込んだものに,1757年壕越二三治作の《日本塘鶏音曾我(にほんづつみとりのねそが)》がある。…

【鶴屋南北】より

…幕府当局からの狂言差止めは1812年(文化9)1月市村座《色一座梅椿(いろいちざうめとしらたま)》でも惹起し,その年中不当りが続いたが,翌13年3月森田座での《お染久松色読販(うきなのよみうり)》(半四郎のお染の七役)は大当りを占めた。 後期の代表作には,半四郎の〈女清玄〉の《隅田川花御所染(すみだがわはなのごしよぞめ)》(1814年3月市村座),お六・八ッ橋(二役,半四郎)と願哲(幸四郎)の《杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)》(1815年5月河原崎座),公卿の息女が宿場女郎に転落した巷説を舞台化した《桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしよう)》(1817年3月河原崎座),俳優の日常生活を舞台化した〈世話の暫〉の《四天王産湯玉川(してんのううぶゆのたまがわ)》(1818年11月玉川座),菊五郎,幸四郎の亀山の仇討《霊験亀山鉾(れいげんかめやまぼこ)》(1822年8月河原崎座),菊五郎,半四郎,団十郎の不破名古屋と権八小紫の《浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)》(1823年3月市村座),清元《累(かさね)》を含む《法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)》(1823年6月森田座),その最高傑作である《東海道四谷怪談》(1825年7月中村座),深川五人斬事件を劇化した《盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)》(1825年9月中村座),また番付にみずから一世一代と銘うった最後の作《金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)》(1829年11月中村座)などがある。その年11月27日没し,葬礼に際しては《寂光門松後万歳(しでのかどまつごまんざい)》と題する正本仕立ての摺物を配らせ,自分の手で死を茶化した。…

※「桜姫東文章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桜姫東文章の関連キーワード坂東玉三郎(5代目)坂東玉三郎(5世)岩井半四郎(5代)大仰・大形・大業杵屋 栄津五郎豊沢 義三郎大須賀裕子高橋ひろ子加茂美穂子喜多村緑郎久松夕子隅田川物川先宏美渕野陽子郡司正勝上杉二美阪上和子吉本選江岩倉高子万善香織

桜姫東文章の関連情報