コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座 オザ

デジタル大辞泉の解説

お‐ざ【御座】

座席」「座敷」の美化語尊敬語
浄土真宗で、説教法座をいう尊敬語。

お‐まし【座】

《「まし」は尊敬の動詞「ます」の連用形から》
御座所(おましどころ)」に同じ。
「御車入れさせて、西の対に―などよそふ程」〈・夕顔〉
敷物などを、その使用者を敬っていう語。
「塗り籠めに―ひとつ敷かせ給ひて」〈・夕霧〉

ぎょ‐ざ【御座】

天子や貴人の座席。玉座ござ

ご‐ざ【御座】

座を敬っていう語。貴人の席。おまし。ぎょざ。
貴人がおいでになること。
「これに―のことはいかなる人も知り候はじ」〈太平記・一一〉
上げ畳(だたみ)」に同じ。
「ことさらに―といふ畳のさまにて、高麗などいと清らなり」〈・二七七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おざ【御座】

座を丁寧にいう語。
浄土真宗で、説教をきくための集まり。
[句項目]

おまし【御座】

貴人が座ったり、臥せったりする所。また、貴人の居室。 「西の対に-などよそふ程/源氏 夕顔
貴人の敷物。 「ここかしこ-ひきつくろはせなどしつつ/源氏 蓬生

ぎょざ【御座】

天子・貴人の座席。おまし。玉座。

ござ【御座】

〔「おわします」の漢字表記「御座」を音読みした語〕
天皇や貴人の席。おまし。 「 -をしつらえる」
おいでであること。いらっしゃること。 「是に-の事は如何なる人も知り候はじ/太平記 11
貴人の席に、畳の上にさらに重ねて敷く畳。上げ畳。 「 -といふ畳のさまにて、高麗などいときよらなり/枕草子 277

みまし【御座】

貴人がすわる所。御座所。また、その敷物。 「大宮人に-しかせん/新勅撰 秋下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御座
ござ

三重県中東部、志摩(しま)市の一地区。旧御座村。志摩半島の最南端英虞(あご)湾の入口に位置する沿岸漁村。御座漁港には、潮の干満によって没したり見えたりする潮仏があり、地元の漁民の信仰を集めている。御座白浜(しらはま)の海水浴場を中心に民宿観光が盛ん。キャンプ場も多い。国道260号のほか、賢島(かしこじま)から観光船が通じる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御座の関連キーワード御座白浜観光農園きゃんぷ村秋田県仙北市西木町桧木内御座岬オートキャンプ場昼の御座の御剣客星帝座を犯す手遣い・手使い客星御座を犯す大床子の御物上げ畳・上畳懇祷・懇禱短畳・短帖あずきさん茣蓙包み笑み栄ゆ塗り籠め櫛形の穴セラピム十善の君茣蓙・蓙御剣の役

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御座の関連情報