打打擲(読み)うちちょうちゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ちょうちゃく ‥チャウチャク【打打擲】

〘名〙 たたきつけること。殴りつけること。ちょうちゃく。
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)初「打(ウ)ち打擲(チャウチャク)して済まうと思ふか」

ぶち‐ちょうちゃく ‥チャウチャク【打打擲】

〘名〙 (同じ意の「打つ」と「打擲」とを重ねて強めた語) 強く打ちたたくこと。なぐりつけること。殴打。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「思案もなくぶち打擲(テウチャクウ)しても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android