コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打掛肩衣 ウチカケカタギヌ

デジタル大辞泉の解説

うちかけ‐かたぎぬ【打掛肩衣】

肩衣の裾を袴(はかま)の内に入れないで、腰帯で押さえて着る略式の着方。
近世、浄土真宗で、報恩講などに袴を着けないで着た肩衣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちかけかたぎぬ【打掛肩衣】

肩衣の裾を袴はかまの内へ入れず、ただ肩からうちかけて着ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打掛肩衣の関連キーワード腰帯

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android