コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報恩講 ほうおんこう

6件 の用語解説(報恩講の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報恩講
ほうおんこう

仏教諸宗の寺院および信者のもとで,宗祖,派祖の厚恩を謝するために開かれる法会。真宗では第3世覚如が報恩講式をつくったのが始りで,親鸞の忌日あるいは秋と冬にかけて毎年行い,真宗大谷派では 11月 21~28日,浄土真宗本願寺派では陽暦に改めて1月9~16日に行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうおん‐こう【報恩講】

仏教各宗派で、毎年宗祖への報恩のために営む法会。浄土真宗では親鸞(しんらん)の忌日を最終日とする7日間、東本願寺では陰暦11月21~28日、西本願寺では陽暦1月9~16日に営む。御七夜(おしちや)。御正忌(ごしょうき)。お講。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

報恩講【ほうおんこう】

仏教各派で行われる宗祖や派祖の恩徳を謝す法会。真宗では親鸞(しんらん)の忌日陰暦11月28日を期し,8日7夜にわたって盛大な法会を行う。現在,西本願寺派,高田派では1月9〜16日。
→関連項目七夜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおんこう【報恩講】

仏教諸宗派でそれぞれの祖師の恩に報いるためにその忌日に毎年行う法要。たとえば新義真言宗では祖師覚鑁(かくばん)の忌日に論議を行い法門を談じる。報恩講の中で古くから最も民衆に親しまれてきたのは真宗で行われているもので,一般には〈お講〉〈お七夜〉〈ご正忌(しようき)〉などとよばれている。これはこの宗門にとって最大の年中行事で,毎年本山では11月21日から宗祖親鸞の忌日にあたる同月28日(本願寺派,高田派では太陽暦により1月9日から同月16日)まで7昼夜にわたって,また各末寺では本山とほぼ同じ時期に数日間法座を開いて宗祖の遺徳を讃嘆する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうおんこう【報恩講】

仏教諸宗派で、一宗の祖師の恩に報ずるため、その忌日に営む法会。浄土真宗の西本願寺などでは1月9日から16日まで、東本願寺などでは11月21日から28日まで、宗祖親鸞をまつって法事を行う。御講おこう。御正忌ごしようき。お七夜。 [季] 冬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

報恩講
ほうおんこう

浄土真宗の開祖親鸞(しんらん)の忌日に、報恩謝徳のために行われる法会(ほうえ)。別に御正忌(ごしょうき)、お七夜(しちや)、お七昼夜(しちちゅうや)、御霜月(おしもつき)、御取越(おとりこし)あるいは御講(おこう)ともいわれる。親鸞は1262年(弘長2)11月28日、世寿90歳で入寂(にゅうじゃく)したので、古来毎年11月21日より28日までの七昼夜にわたって法会が行われた。真宗十派のうち、現在は本願寺派・高田派では太陽暦に換算して1月9日より16日に行っているが、興正(こうしょう)派・仏光寺(ぶっこうじ)派・木辺(きべ)派・三門徒派は11月に、その他は12月に勤修している。また新義真言(しんごん)宗の宗祖覚鑁(かくばん)の忌日に修せられる論議会いわゆる覚鑁忌のことも報恩講とよばれる。覚鑁忌はこのほか真言宗豊山(ぶざん)派・智山(ちざん)派でも行われる。[佐々木章格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の報恩講の言及

【祖師忌】より

…知恩院の現行期日は4月18~25日)は御忌(ぎよき)といわれ,真宗の親鸞の場合(11月28日。本願寺派,高田派では太陽暦になおして1月9~16日)は報恩講とよばれる法要がつとめられる。さらに臨済宗開祖栄西の栄西禅師忌(7月5日),曹洞宗開祖道元の道元忌(8月28日),日蓮宗開祖日蓮の御会式(おえしき)(10月12,13日),時宗の開祖一遍の一遍上人忌(8月22日),新義真言宗の宗祖覚鑁(かくばん)の覚鑁忌(12月12日),華厳宗の良弁(ろうべん)の良弁上人忌(11月15日)などがある。…

【寺事】より

…また特殊な例としては,真言,天台両宗でそれぞれに行う御修法(みしほ)は,天皇の御衣加持を目的とする行事であるが,この時には日を定めて勅使差遣のことがあることなども,寺事における僧俗の濃いかかわりのなごりを示す一例である。その他浄土真宗の報恩講や薬師寺の修二会で,自然発生的に,在家の聴聞者が出仕の僧侶に唱和して声明を唱えるなどは,寺事のあり方の,現代的な方向の一つを示している。【佐藤 道子】。…

※「報恩講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

報恩講の関連キーワード遠忌四恩御祖師様各部賽物諸宗報謝流流報う我が百年の命を棄てて公が一日の恩に報ず

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

報恩講の関連情報