コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さても サテモ

デジタル大辞泉の解説

さて‐も

[感]なんとまあ。さてさて。「さてもみごとな花だ」
[副]そうであっても。そのままでも。
「思ひわび―命はあるものをうきにたへぬは涙なりけり」〈千載・恋三〉
[接](「扨も」「扠も」「偖も」とも書く)それにしても。それはそうと。
「うれしく対面(たいめ)したるかな。―、いくつにかなり給ひぬる」〈大鏡・序〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さても【扨も】

( 感 )
物事に感じ入ったときに発する語。ほんとにまあ。 「 -見事な桜だ」
( 副 )
そのままでいても。 「 -かひなければまかりぬる/蜻蛉
( 接続 )
話題を転じるときに用いる。さて。ところで。 「返す返すうれしく対面したるかな。-いくつにかなり給ひぬる/大鏡
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さてもの関連キーワード凭れる・靠れる近松門左衛門厚い・篤い驚き入るかてて結構

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さてもの関連情報