コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何という ナントイウ

デジタル大辞泉の解説

何(なん)という

感嘆・失望などの気持ちが、言い表せないほど大きいさま。「何という優しさであろう」「何という暴挙、断じて許せない」
はっきりしない名称などをさす。「これは何という草ですか」
(あとに打消しの語を伴って用いる)取り立てていうほどの。どうという。「医者の見立てでは何ということもないらしい」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんという【何という】

強い驚きや感動の気持ちを表す。なんと。 「 -かわいそうな話だ」 「 -幸運だ」
名称がはっきりしない場合などに用いる。 「 -人だったか思い出せない」
(打ち消しの語を伴って)特に取り立てていうほどでない意を表す。 「 -こともない平凡な作品」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何というの関連キーワード原語別外来語集何でふ・何条事ぞともなしブールバキ怪しからず一寸・鳥渡誰やの人何ちゅう総長賭博何じょう何と無く何たるごわる打消し見立て言い種漫録名物作品何と

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何というの関連情報