コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何と ナニト

デジタル大辞泉の解説

なに‐と【何と】

[連語]《代名詞「なに」+格助詞「と」》ほかにも同種類のものがあるという意を表す。助詞的に用いられる。など。
「これかれ酒―持て追ひ来て」〈土佐
[副]
どんなふうに。どのように。
「さても維盛卿の子息は―候ふやらん」〈平家・一二〉
なぜ。どうして。
「―かく思ひも分かでしのぶらん過ぎにし方も同じ憂き世を」〈新後撰・雑下〉
[感]
問い返すときに用いる。なんだって。
「『兄弟の者の細首を、ただ一討ちに討ち落としたると申し候』『えい―、―』」〈謡・烏帽子折
相談・質問などを相手にもちかけるときに用いる。どうだ。ところで。
「―、酒は売れまらするか」〈虎明狂・伯母が酒

なん‐と【何と】

《「なにと」の音変化》
[副](スル)
どのように。どんなふうに。どう。「これは何としたことか」「何とご返事したらよいでしょう」
感心・失望などの気持ちを強調して表す。なんて。「何と美しい花だ」「何と愚かな人だ」
反語を表す。どうして。
「ふまれて―男がならうか」〈狂言記・文山立〉
[感]相手に呼びかけ同意を求めたり、反応を探ったりするときに用いる語。どうだ。「何と、これでもか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なっと【何と】

( 副 )
〔「なにと(何)」の転〕
なんと 」に同じ。 「ソノ戦ガ敗レテカラワ-アッタゾ/天草本平家 4

なにと【何と】

( 副 )
どうして。なぜ。 「岩代のまつこともなき我身さへ-憂世にむすぼほるらん/続古今 雑中
なんと(何) 」に同じ。 「さて座禅の公案-心得候ふべき/謡曲・放下僧」
( 感 )
問い返したり、念を押したりするときに用いる語。なんだって。 「『その人買舟に物申さう』『あら音高し、-、-』/謡曲・自然居士」
話しかけて相談するときなどに用いる語。おいどうだ。 「 -、明日の襟付はどうしたものであらうぞ/狂言記・烏帽子折」

なにと【何と】

( 連語 )
〔代名詞「なに」に格助詞「と」の付いたもの。副助詞「など」の原形に相当する語〕
一例をあげて、同種のものが他にもいろいろあるということを表す。なんど。など。 「守かみのはらから、またことひと、これかれ酒-持て追ひ来て/土左」 → なんどなど(副助)

なんと【何と】

〔「なにと(何)」の転〕
( 副 )
どのように対応したらよいのかわからない気持ちを表す。どのように。どう。 「 -申し上げたらよいのか」
強い驚きや感動の気持ちを表す。たいそうまあ。なんという。なんて。 「 -美しい夜だろう」
相手の意向や反応を確かめる気持ちを表す。 「其の道づれと、-一口遣らうではないか、ええ、捻平さん/歌行灯 鏡花
反語の意を表す。どうして…か。 「誠をつくす侍に、-刃が当てられう/浄瑠璃・平家女護島」
( 感 )
驚いたり感心したりしたときに発する語。 「 -、まあ」 「 -、四つ時で御ざる/狂言・不聞座頭」
相手に念を押すのに用いる語。どうだ。どうですか。 「 -、そうじゃありませんか」 「 -皆様如何でございます/義血俠血 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何との関連キーワード山田 耕筰:春の夜の夢/piano solo仕舞い・仕舞・終い・粉粧高ぶる・昂るまじくなうませなんだぴんしゃんなされます雷電為衛門セクション冷えたる曲捲し掛ける何とは無しぶつやくともない為さんす何と無く言葉詰め何じょうのさばる冥加無し

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何との関連情報