コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄紙機械 しょうしきかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抄紙機械
しょうしきかい

製紙機械の一種で,抄紙工程を行う機械。紙層をつくるすき網部分が中心で,紙層を圧搾して脱水したり,乾燥する部分が付属している。洋紙を製造する長網式抄紙機械,二重網式抄紙機や板紙をつくる多槽丸網式抄紙機,和紙をつくる単槽丸網式抄紙機などがある。また近年,製紙原料を風送し,コンベヤに堆積させて紙層を形成したのち,接着剤などにより繊維を結合させる乾式抄紙も発達してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android