コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄紙機械 しょうしきかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抄紙機械
しょうしきかい

製紙機械の一種で,抄紙工程を行う機械。紙層をつくるすき網部分が中心で,紙層を圧搾して脱水したり,乾燥する部分が付属している。洋紙を製造する長網式抄紙機械,二重網式抄紙機や板紙をつくる多槽丸網式抄紙機,和紙をつくる単槽丸網式抄紙機などがある。また近年,製紙原料を風送し,コンベヤに堆積させて紙層を形成したのち,接着剤などにより繊維を結合させる乾式抄紙も発達してきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android