コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投機取引 トウキトリヒキ

デジタル大辞泉の解説

とうき‐とりひき【投機取引】

相場の変動によって生ずる差額を利得するために行う売買取引。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうきとりひき【投機取引】

実物の授受を伴わず、相場の変動によって生じる差額を利得するための取引。投機売買。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の投機取引の言及

【相場師】より

…その売り買いによって,取引所の市場価格が影響されるほどの者も,しばしば出現する。日本では近世初期,すでに大坂堂島の米会所で,投機取引が発達し,相場師が出ている。1816年(文化13)ころの《世事見聞録》には,米相場は大坂堂島が日本第一の根元で,そこには相場師という強勢なものが多くいて,ひとりで米10万石から100万石ほどを売買したりして,器量くらべ,運くらべをして勝負を決めているとある。…

※「投機取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投機取引の関連情報