コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折り掛く/折り懸く オリカク

デジタル大辞泉の解説

おり‐か・く〔をり‐〕【折り掛く/折り懸く】

[動カ下二]
折って物に掛ける。
「賤(しづ)の男(を)が篠(しの)―・けて干す衣」〈梁塵秘抄・二〉
折ったままにしておく。
「鎧(よろひ)に矢の立つこと数を知らず、―・け―・けしたりければ、蓑(みの)を逆さまに著(き)たるやう」〈義経記・八〉
波が、折り返して寄せる。
「いはねこすきよ滝川のはやければ波―・くる岸の山吹」〈新古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android