コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘯山 しょうざん

3件 の用語解説(嘯山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘯山 しょうざん

三宅嘯山(みやけ-しょうざん)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうざん【嘯山】

1718‐1801(享保3‐享和1)
江戸中期の俳人。姓は三宅,名は芳隆。葎亭(りつてい),滄浪居とも号す。京の商人で,《嘯山詩集》を残す文人学者でもあり,1763年(宝暦13)刊の《俳諧古選》では漢詩の評語で歴代の佳句を評して名声を得る。また太祇と《俳諧新選》を編み,この2著で平明調と高華俊逸調の両立を説き,蕪村などにも影響を与えた。《平安二十歌仙》の作者の一人で,蕉風中興の気運をつくった京俳壇の重鎮である。中国白話に堪能で,《通俗酔菩提全伝》《通俗大明女仙伝》の訳書,《宿直文(とのいぶみ)》の読本をも成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘯山
しょうざん
(1718―1801)

江戸中期の俳人、漢詩人。姓は三宅(みやけ)。本名芳隆(よしたか)。別号葎亭(りつてい)、橘斎(きっさい)、滄浪居(そうろうきょ)など。京都の人。質屋を営んだが、儒学、漢詩、中国白話文(口語)などを学び、求められて都の公家(くげ)や武士に書を講じたという。妻が芭蕉(ばしょう)門下の木節(もくせつ)の孫にあたるところから俳諧(はいかい)に関心をもって、宋屋(そうおく)に入門、太祇(たいぎ)、蕪村(ぶそん)とも交わり、独自の俳境を開いた。享和(きょうわ)元年4月14日没。『俳諧古選』『俳諧新選』などを編纂(へんさん)、俳諧作品は『葎亭句集』『葎亭画讃(がさん)集』にまとめられている。漢詩には『嘯山詩集』(写本)があり、また中国白話の訳書『通俗酔菩提(すいぼだい)全伝』『通俗女仙伝』のほか、読本(よみほん)『宿直文(とのいぶみ)』の著がある。
 抱きおろす君が軽(かろ)みや月見船[山下一海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone