コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折衷苗代 セッチュウナワシロ

デジタル大辞泉の解説

せっちゅう‐なわしろ〔‐なはしろ〕【折衷苗代】

苗代畑苗代とを折衷したもの。発芽前後に湛水(たんすい)したり干したりして水量を変える方式で、均一で丈夫な苗ができ、暖地の多収穫栽培に適する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せっちゅうなわしろ【折衷苗代】

水苗代と陸おか苗代の様式を折衷させた苗代。種子の発芽や生長に合わせて、水を入れたり、干したりする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

折衷苗代の関連キーワード保温折衷苗代高橋 今朝明渡辺 頴二近藤 頼巳荻原 豊次高橋今朝明渡辺頴二近藤頼巳通し苗代早植栽培荻原豊次水苗代代掻きイネ種子様式生長

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android