コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

披講 ヒコウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐こう〔‐カウ〕【披講】

[名](スル)詩歌などの会で、作品を読み上げること。また、その役の人。「秀句を披講する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひこう【披講】

( 名 ) スル
詩歌の会で、詩歌を読みあげて披露すること。また、その役目の人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

披講
ひこう

歌披講」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

披講の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛歌会(うたかい)講ずる・媾ずる綾小路 有良六百番歌合大原 重明青木 穠子綾小路敦有亭子院歌合田辺尚雄江渡狄嶺曲水の宴大原重明八雲御抄綾小路家綾小路流歌会始講ずる詩吟詩歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

披講の関連情報