コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌披講 うたひこう

3件 の用語解説(歌披講の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌披講
うたひこう

歌会で和歌を披露すること,またその形式。一定の作法と,一定の音楽的曲節で和歌を朗詠するもので,平安時代から行われ,現在も宮中の歌会始にみられる。講師 (1人) ,発声 (1人) ,講頌 (数人) という歌い手によって歌われ,その旋律型には甲調,乙調,上甲調の3種がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うた‐ひこう〔‐ヒカウ〕【歌披講】

一定の作法・形式に従って、和歌を節づけして披露すること。平安中期から行われ、現在も新年の歌会始め勅題の選歌を披露する行事として残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたひこう【歌披講】

歌会で、一定の形式に従って節づけして披露すること。二条流・冷泉れいぜい流がある。新年の歌御会始めなどに残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の歌披講の言及

【講師】より

…なお古代・中世には,国分寺におかれた僧官名を講師または国師と称した。(2)歌披講(うたひこう)(歌会・歌合せ)で詩歌を朗詠し披露する役の人。独特の節まわしで旋律的に朗唱する。…

【読師】より

…地味な役割であるが,大規模な法要では講師と同様に輿(こし)で入場するほど重視されている。また宮中における歌会始の歌披講(うたひこう)の読師は式の進行役を務め,講師が和歌を詠ずる。【高橋 美都】。…

※「歌披講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歌披講の関連キーワード歌会腕前御披露目快技偶作講席御前披講続ぎ歌引祝顔見せ外交

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歌披講の関連情報