抵抗減衰器(読み)ていこうげんすいき(英語表記)resistance attenuator

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうげんすいき【抵抗減衰器 resistance attenuator】

抵抗素子を組み合わせて構成した可変減衰器のこと。通信回線や増幅器フィルターなどの利得損失およびひずみ率などを測定する際に,信号レベルの調整や減衰量の標準として用いられる。このほかに,パッドと呼ばれる固定の抵抗減衰器もある。減衰器の回路形式としては,T形回路,π形回路などが用いられ,広い周波数範囲にわたって一様な減衰を与えることができるように素子はすべて無誘導抵抗器で構成される。抵抗減衰器の特性は減衰量のほかに,接続する回路とのインピーダンス整合を図るうえで必要な公称インピーダンスの二つの特性値によって規定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android