コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗炉 テイコウロ

3件 の用語解説(抵抗炉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐ろ〔テイカウ‐〕【抵抗炉】

電気炉の一種。一般に電気炉というと抵抗炉を指すことが多く、ジュール熱を熱源とする。被加熱物に直接電流を流して加熱する直接抵抗加熱炉ニクロム線炭化ケイ素に電流を流して炉を加熱する間接抵抗加熱炉がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵抗炉
ていこうろ

電気抵抗炉」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抵抗炉
ていこうろ

抵抗加熱方式の電気炉をいう。抵抗炉は直接抵抗加熱炉、間接抵抗加熱炉および溶融塩類加熱炉に分けられる。直接抵抗加熱炉とは、被加熱物に直接、電流を通じて、被加熱物内にジュール熱を発生させて加熱する炉であり、大容量、低電圧、大電流のものが多く、黒鉛化炉、炭化ケイ素炉、アルミニウム電解炉などがある。間接抵抗加熱炉とは、発熱体を熱源として炉内を加熱し、被加熱物を加熱する炉である。発熱体にはニッケルクロム系などの金属発熱体と炭化ケイ素などの非金属発熱体とがある。溶融塩類加熱炉とは、電熱で溶融された塩の中で被加熱物を加熱する炉で、処理物の酸化・脱炭などを防ぐときに用いられる。そのほか、電気炉にはアーク式と誘導式の電気炉がある。[菊池 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の抵抗炉の言及

【電気炉】より

…電気炉は燃料炉に比べ,非常な高温に到達させることができる点や操業が容易である点がすぐれている。電気炉は原理的には電気エネルギーを熱に変換して被熱体にそれを伝えるものであり,熱を伝える方式により,抵抗炉,アーク炉,誘導炉の三つに大別できる。
[抵抗炉]
 抵抗体に電流を流して発熱させる方式の電気炉で,直接抵抗炉と間接抵抗炉とがある。…

※「抵抗炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抵抗炉の関連キーワード電気抵抗電気炉電気炉鋼誘導炉高周波電気炉誘導電気炉プラズマ炉電気製銑電気炉製鋼法電気炉メーカー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone