コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗炉 テイコウロ

3件 の用語解説(抵抗炉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐ろ〔テイカウ‐〕【抵抗炉】

電気炉の一種。一般に電気炉というと抵抗炉を指すことが多く、ジュール熱を熱源とする。被加熱物に直接電流を流して加熱する直接抵抗加熱炉ニクロム線炭化ケイ素に電流を流して炉を加熱する間接抵抗加熱炉がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抵抗炉
ていこうろ

抵抗加熱方式の電気炉をいう。抵抗炉は直接抵抗加熱炉、間接抵抗加熱炉および溶融塩類加熱炉に分けられる。直接抵抗加熱炉とは、被加熱物に直接、電流を通じて、被加熱物内にジュール熱を発生させて加熱する炉であり、大容量、低電圧、大電流のものが多く、黒鉛化炉、炭化ケイ素炉、アルミニウム電解炉などがある。間接抵抗加熱炉とは、発熱体を熱源として炉内を加熱し、被加熱物を加熱する炉である。発熱体にはニッケルクロム系などの金属発熱体と炭化ケイ素などの非金属発熱体とがある。溶融塩類加熱炉とは、電熱で溶融された塩の中で被加熱物を加熱する炉で、処理物の酸化・脱炭などを防ぐときに用いられる。そのほか、電気炉にはアーク式と誘導式の電気炉がある。[菊池 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の抵抗炉の言及

【電気炉】より

…電気炉は燃料炉に比べ,非常な高温に到達させることができる点や操業が容易である点がすぐれている。電気炉は原理的には電気エネルギーを熱に変換して被熱体にそれを伝えるものであり,熱を伝える方式により,抵抗炉,アーク炉,誘導炉の三つに大別できる。
[抵抗炉]
 抵抗体に電流を流して発熱させる方式の電気炉で,直接抵抗炉と間接抵抗炉とがある。…

※「抵抗炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone