電気抵抗炉(読み)でんきていこうろ(英語表記)electric resistance furnace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「電気抵抗炉」の解説

電気抵抗炉
でんきていこうろ
electric resistance furnace

ジュール熱を利用する電気炉。抵抗発熱体はニクロム,カンタル,タングステンモリブデン白金などの線またはリボンをコイルに巻き,あるいはカーボランダム,黒鉛などの棒を輪状に配置して使う。クリプトルという黒鉛粒を水冷電極間に充填して発熱体とするもある。中心に磁器,アルミナ,マグネシアなどの耐火容器を置いてその中で金属を加熱溶解する。抵抗炉は一般に大型にはできないので,工業用にはゾーンメルティング,小規模のアルミニウム合金溶解や熱処理,低融点合金溶製,るつぼの保熱の程度であるが,自作も簡単なので実験研究用の用途が広い。タングステン,モリブデンなどの高融点金属は,粉末を加圧して棒につくり,これに直接大電流を通じて焼結するが,これも一種の抵抗炉である。この場合および発熱体にこれらの金属リボンを使う炉の場合は,雰囲気を還元性にする必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android