コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押されぬ オサレヌ

デジタル大辞泉の解説

おされ◦ぬ【押されぬ】

[連語]
他人にあれこれ言われない。堂々としている。りっぱである。
「座敷へ出ても―◦ぬ一本」〈鏡花・湯島詣〉
否定できない事実である。動かしようがない。
「殊に今日は土用の入り、それでか跡がきつうどよむ。暦の事は―◦ぬ」〈浄・大経師

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おされぬ【押されぬ】

( 連語 )
他からどうすることもできない。争えない。 「暦の事は-・ぬ/浄瑠璃・大経師
引けを取らない。押しも押されもしない。 「小町にもをさをさ-・ぬ媚のみならず/洒落本・一事千金」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

押されぬの関連キーワード押しも押されもせぬベット ミドラー押しも押されぬ押すに押されぬ洒落本権尽く連語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

押されぬの関連情報