コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押圧剥離 おうあつはくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押圧剥離
おうあつはくり

打製石器の加工法の一つ。後期旧石器時代以後,新石器時代にいたるまで,石鏃石槍などの刺突具の仕上げ加工に主として使用された。弾力性のある骨や木などの加工具を使用して,石材に押しつけるようにして,薄い平らな剥片を剥離する方法。最も精密な加工のできる剥離法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

押圧剥離の関連キーワードフィスフーク遺跡ソリュートレ文化フォルサム文化アムラー文化打製石器

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android