コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拝一刀 おがみ いっとう

1件 の用語解説(拝一刀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

拝一刀 おがみ-いっとう

漫画「子連れ狼」の主人公
もと公儀介錯(かいしゃく)人。柳生(やぎゅう)一族の陰謀で家は断絶し,妻を殺される。復讐をちかい,息子大五郎をつれて刺客の旅をつづける。小池一夫の原作を小島剛夕(ごうせき)が劇画調のはげしいタッチでえがく。昭和45年から51年まで「漫画アクション」に連載され,評判をよんだ。のち映画化,テレビドラマ化された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

拝一刀の関連キーワード子連れ子連れ狼子連れ狼〈2〉子連れ狼〈3〉子連れ狼 親の心子の心子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる子連れ狼 三途の川の乳母車子連れ狼 死に風に向う乳母車子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎子連れ狼 冥府魔道

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone