コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾芥 シュウカイ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐かい〔シフ‐〕【拾×芥】

《「漢書」夏侯勝伝から》ちりやあくたを拾うこと。転じて、たやすく手に入れることのたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうかい【拾芥】

ごみをひろうこと。
〔漢書 夏侯勝伝〕 たやすく手に入れることのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拾芥の関連キーワード洞院実熙・洞院実煕だんご(団子)九条殿遺誡清原深養父藤原顕頼私教類聚大内裏図有職故実洞院実煕諸司厨町白馬の陣洞院実熙洞院公賢新国史行基図率分所越中国淡路国武蔵国条里制

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android