朝野群載(読み)ちょうやぐんさい

日本大百科全書(ニッポニカ)「朝野群載」の解説

朝野群載
ちょうやぐんさい

平安後期類書。30巻(現存21巻)。三善為康(みよしためやす)編。1116年(永久4)成立。為康が『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』以下の文集や律令格式(りつりょうきゃくしき)の類、儀式書などを抜粋し、府庫に所蔵される文書を尋ね出し、抄出して部類編纂(へんさん)したものである。その目的は、政務の参考となる文範集をつくり、なるべく時代に即応した材料を集めて後進の参考に資する点にあった。序文に「永久(えいきゅう)四年」に完成とあるが、その後の文章も多く含まれるので、彼の最晩年(1133ころ)にようやく擱筆(かくひつ)したと思われる。現存本に重複、追補、錯簡(さくかん)がみられ、未定稿であったか。4世紀にわたる詩文文書を収めるが、後三条(ごさんじょう)天皇から白河(しらかわ)院政期に集中しており、当時の制度を知るうえに貴重であり、全体的に編者の視野の広さと学問の深さがうかがえる。『新訂増補国史大系』29上所収。

[大曽根章介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「朝野群載」の解説

朝野群載【ちょうやぐんさい】

平安時代中・後期の詩文や文書類を収録した書。編者は算学者三善為康(みよしためやす)。当初は30巻あったが,現存するのは21巻。自序に1116年の編とあるが,同年以後の増補があり,最終的には保延(ほうえん)年間(1135年−1141年)の成立と考えられる。詩文集としての性格をもつとともに,当時の行政文書や私的な文書を載せることから,平安中・後期の政治や社会の動きを知ることができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「朝野群載」の解説

朝野群載
ちょうやぐんさい

平安時代後期の詩文集。 30巻。算博士三善為康が当時の漢詩文宣旨公私の文書などを集めて分類したもので,序文によると永久4 (1116) 年に成立したとあるが,その後の増補がある。 21巻が現存。古文書書式を知る好資料であり,当時の制度,文物を知るうえでも貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「朝野群載」の解説

ちょうやぐんさい テウヤ‥【朝野群載】

院政期の詩文集。三〇巻。三善為康編。永久四年(一一一六)成立。のちに増補。平安中・後期の詩、文章、各種古文書などを集成、部類分けしたもの。巻一〇など九巻分は散逸。古文書の形式内容を示す資料。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「朝野群載」の解説

朝野群載
ちょうやぐんさい

平安後期の詩文集や官符を分類編纂したもの
30巻。編者は三善為康 (みよしためやす) 。1116年成立の自序があるが,1145年ごろまで加筆。平安時代の政治・社会や古文書研究の重要史料。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「朝野群載」の解説

ちょうやぐんさい〔テウヤグンサイ〕【朝野群載】

平安後期の文集。30巻(うち9巻は散逸)。三善為康編。永久4年(1116)成立、のち増補。朝廷民間の詩文や各種古文書などを集成したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「朝野群載」の解説

ちょうやぐんさい【朝野群載】

平安時代中・後期の詩文,書札を収録したもの。算博士三善為康の編。自序によれば永久4年(1116)に編したとあり,一応の編集が終わったと考えられるが,その後の増補があり,長承1年(1132)のものを含むので,最終的には保延年間(1135‐41)の成立と考えられる。もと30巻あったが,現存は21巻分であり,文筆,朝儀,神祇官太政官摂籙家公卿家,別奏,請奏,功労廷尉,内記,紀伝,陰陽道,暦道,天文道,医道,仏事,大宰府異国雑文,凶事,諸国雑事,諸国公文,諸国功過の諸部がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android