コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三善為康 みよしためやす

5件 の用語解説(三善為康の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三善為康
みよしためやす

[生]永承4(1049)
[没]保延5(1139).8.4.
平安時代後期の学者。越中国射水 (いみず) 郡の出で,本姓は射水氏。治暦2 (1066) 年上京し,三善為長に師事して算道を学び,堀河天皇のとき,算博士に任じて,三善姓を賜わった。平安時代の詩文,宣旨,書札などを分類編纂した『朝野群載』を永久4 (1116) 年に完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三善為康 みよし-ためやす

1049-1139 平安時代後期の官吏。
永承4年生まれ。越中(富山県)の豪族射水(いみず)氏の出身。京都で算博士三善為長の養子となり,紀伝道もまなぶ。省試に及第せず,晩年にようやく算博士,正五位下となった。文人,また熱心な浄土信仰者として知られ,編著に「朝野(ちょうや)群載」「童蒙頌韻(どうもうしょういん)」「拾遺往生伝」などがある。保延(ほうえん)5年8月4日死去。91歳。
【格言など】身は俗塵にありて,心は仏界に帰す(「拾遺往生伝」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三善為康

没年:保延5.8.4(1139.8.29)
生年:永承4(1049)
平安後期の文人官僚。越中国(富山県)射水郡出身で,本姓は射水。治暦3(1067)年入京,算博士三善為長の弟子となり,三善姓を称した。算道,紀伝道を学び,式部省試及第を目指したが果たせず,晩年転身して少内記となる。その労により叙爵。堀河天皇の代に算博士,のちに諸陵頭を兼帯。永久4(1116)年,項目別文例集『朝野群載』を編纂,最晩年まで補訂作業を継続する。そのほか百科全書的書物『懐中歴』『掌中歴』(その子行康の著とする異説あり)および『拾遺往生伝』正続などの著作がある。<参考文献>弥永貞三「『朝野群載』解題」(『国史大系書目解題』上)

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みよしためやす【三善為康】

1049‐1139(永承4‐保延5)
平安後期の文人官吏。本姓は越中国の射水氏。上京し算博士の三善為長に師事,その養子となった。少内記,算博士,諸陵頭などを歴任している。数多い著作中,《童蒙頌韻》《続千字文》《掌中歴》および《朝野群載》(諸書から模範的な詩文や文書を抄出分類したもの)は学識の広さを示すに十分である。また《拾遺往生伝》《後拾遺往生伝》も仏教への関心の深さを物語っている。【所 功】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三善為康
みよしためやす
(1049―1139)

平安時代の文人。本姓は越中(えっちゅう)国(富山県)の射水(いみず)氏。算博士三善為長に師事し、算道に通じるとともに紀伝道を学ぶ。52歳に至ってようやく少内記に推挙され、のち算博士、諸陵頭を兼任し、正五位上に至る。詩文および公私の文書を分類編集した『朝野群載(ちょうやぐんさい)』30巻(現存21巻)のほか『童蒙頌韻(どうもうしょういん)』『掌中歴(しょうちゅうれき)』『続千字文』などの編著があり、また『拾遺往生伝(しゅういおうじょうでん)』『後拾遺往生伝』各三巻、『六波羅蜜寺縁起(ろくはらみつじえんぎ)』『世俗往生決疑(けつぎ)』(逸書)、金剛般若経(こんごうはんにゃきょう)の『験記(げんき)』(逸書)などの著書があり、信仰者としての一面を示している。藤原宗友(むねとも)の『本朝新修往生伝』には、その略伝とともに信仰者としての彼の行業が記されている。[柳井 滋]
『木本好信著『平安朝日記と逸文の研究――日記逸文にあらわれたる平安公卿の世界』(1987・桜楓社) ▽小原仁著『文人貴族の系譜』(1987・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三善為康の言及

【後拾遺往生伝】より

三善為康撰。《拾遺往生伝》の完成後ひきつづいてその遺漏を集めたもので,為康の死亡する1139年(保延5)までの間,増補され書きつがれた。…

【拾遺往生伝】より

…《続本朝往生伝》の後をうけ,往生者の行業を漢文体で記したもの。三善為康撰。上中下あわせて95人の伝を収める。…

【掌中歴】より

…天文,歳時,地理などの事物を乾象歴,歳時歴,国堺歴などの部門に分類して解説を加えたもの。編者は算博士三善為康。もと4巻から成り,現在は1巻を伝えるのみだが,失われた巻の内容は,《掌中歴》《懐中歴》などをもとに編纂された《二中歴》に施された注記によって推定できる場合が少なくない。…

【朝野群載】より

…平安時代中・後期の詩文,書札を収録したもの。算博士三善為康の編。自序によれば永久4年(1116)に編したとあり,一応の編集が終わったと考えられるが,その後の増補があり,長承1年(1132)のものを含むので,最終的には保延年間(1135‐41)の成立と考えられる。…

【三善氏】より

…この氏には二つの流れがある。(1)百済系 《新撰姓氏録》に〈錦部連は三善宿禰と同祖,百済王速古大王の後なり〉とみえる。その渡来年代はわからないが,錦部連の一部が三善宿禰への改氏改姓を許されたのは805年(延暦24)前後で,当時,後宮女官に姉継,弟姉という人物がいた。ついで三善宿禰に朝臣の姓を賜ったのは903年(延喜3)ころで,当時,文章博士兼大学頭の清行などが活躍していた。清行の子は,文江と文明が文人官吏となり,浄蔵日蔵が出家しているが,それ以後直系の子孫に著名人は見えない。…

※「三善為康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三善為康の関連キーワード富山県射水市射水町富山県射水市沖富山県射水市鏡宮富山県射水市黒河富山県射水市三ケ富山県射水市島富山県射水市高木富山県射水市鳥取富山県射水市戸破富山県射水市本町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone