持(ち)手(読み)モチテ

デジタル大辞泉の解説

もち‐て【持(ち)手】

器具を持つためについている把手(とって)。
持つ人。持つ。持ち方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐て【持手】

〘名〙
① 持つ人。〔文明本節用集(室町中)〕
② カバン、手提げなどで、手で持ったり提げたりする部分。とって。え。
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「胸に抱き締めた黒革のハンドバッグは咽喉もとまでずり上り、もち手の革紐が慄えていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android