コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田善衛 ほったよしえ

6件 の用語解説(堀田善衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀田善衛
ほったよしえ

[生]1918.7.17. 高岡
[没]1998.9.5. 横浜
小説家。 1942年慶應義塾大学仏文科卒業。第2次世界大戦末期の 45年,勤務先から中国に派遣されて敗戦前後の状況をつぶさに体験,これをもとに『波の下』 (1948) ,『祖国喪失』 (50) などを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほった‐よしえ〔‐よしヱ〕【堀田善衛】

[1918~1998]小説家。富山の生まれ。上海に渡るが、敗戦後中国国民党宣伝部に徴用される。帰国後、本格的に作家活動に入り、「広場の孤独」「漢奸(かんかん)」で芥川賞受賞。「いちばん遅くやってきた戦後派」と称される。他に「方丈記私記」「ゴヤ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堀田善衛【ほったよしえ】

小説家。富山県生れ。慶大仏文科卒。《批判》同人となり,詩や詩論を発表。上海で武田泰淳らを知り,ここで終戦を迎える。帰国後,そこでの経験を基に《波の下》《祖国喪失》などを発表。
→関連項目三田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田善衛 ほった-よしえ

1918-1998 昭和後期-平成時代の小説家。
大正7年7月17日生まれ。堀田くにの3男。中国上海で終戦をむかえ,昭和22年帰国。27年「広場の孤独」「漢奸(かんかん)」で芥川賞。国際的な視野をもつ戦後派作家として海外でも知られる。46年「方丈記私記」で毎日出版文化賞,52年評伝「ゴヤ」で大仏(おさらぎ)次郎賞。平成6年朝日賞,10年芸術院賞。同年9月5日死去。80歳。富山県出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ほったよしえ【堀田善衛】

1918~1998) 小説家。富山県生まれ。慶大卒。「広場の孤独」で芥川賞を受賞。国際的な感覚に富んだ作品で知られ、土俗的な問題にも注目する。小説「海鳴りの底から」「橋上幻像」、評論・評伝「方丈記私記」「ゴヤ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀田善衛
ほったよしえ
(1918―1998)

小説家。大正7年7月17日、富山県高岡市生まれる。石川県立二中、慶応義塾大学予科を経て1942年(昭和17)仏文科卒業。雑誌『批評』に参加、詩と評論を発表。44年召集されたが、胸部疾患のため解除となり、国際文化振興会から派遣されて上海(シャンハイ)に渡る。武田泰淳(たいじゅん)、石上(いそのかみ)玄一郎を知る。南京(ナンキン)では草野心平を知り、『歴程』の同人となる。第二次世界大戦敗戦後、中国国民党宣伝部に徴用され、上海滞在中(1946)に『祖国喪失』『歯車』などを書き始める。47年(昭和22)1月ようやく帰国。雑誌『個性』『歴程』などに詩を発表する。48年本格的に作家生活を開始。51年に『歯車』と並んで発表した『広場の孤独』『漢奸(かんかん)』で、52年に芥川賞を受賞し、いちばん遅くやってきた戦後派などと称された。52年長編『祖国喪失』を完成し、以後、『歴史』(1952)、『時間』(1953)、『鬼無鬼島(きぶきじま)』(1956)と毎年のように長編問題作を発表する。このころから海外との交流にも力を入れ、アジア・アフリカ作家会議などに出席して国際的にも知られる。『審判』(1960~63)、『海鳴りの底から』(1960~61)、『若き日の詩人たちの肖像』(1966~68)、『橋上幻像』(1970)と長編の創作を続け、71年『方丈記私記』(1970)で毎日出版文化賞を受賞。その後の作品に評伝『ゴヤ』(1973~76)、『定家明月記私抄』(1981~88)『ミシェル城館の人』(1994)、『ラ・ロシュフーコー公爵傳説』(1998)などがある。また、『インドで考えたこと』(1957)などの評論もある。[佐々木充]
『『堀田善衛全集』全16巻(1974~75・筑摩書房) ▽本多秋五著『物語戦後文学史』(1966・新潮社) ▽大江健三郎著『同時代としての戦後』(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀田善衛の言及

【原爆文学】より

…第3は,原爆がもたらした悲劇を庶民の日常生活をとおして書き,文学史に残る傑作と称される井伏鱒二の《黒い雨》(1965‐66)のように,被爆者ではないが,広島,長崎と出会った良心的な文学者たちによって,さまざまな視点から広島,長崎,原水爆,核時代がもたらす諸問題と人間とのかかわりを主題とする作品が書かれた。作品に佐多稲子《樹影》(1970‐72),いいだもも《アメリカの英雄》(1965),堀田善衛《審判》(1960‐63),福永武彦《死の島》(1966‐71),井上光晴《地の群れ》(1963),《明日》,高橋和巳《憂鬱なる党派》(1965),小田実《HIROSHIMA》(1981)などがある。なかでも特筆すべきは大江健三郎(1935‐ )の存在で,1963年に広島に行き《ヒロシマ・ノート》(1964‐65)を発表して以来,〈核時代に人間らしく生きることは,核兵器と,それが文明にもたらしている,すべての狂気について,可能なかぎり確実な想像力をそなえて生きることである〉とする核時代の想像力論を唱え,《洪水はわが魂に及び》(1973),《ピンチランナー調書》(1976),《同時代ゲーム》(1979),《“雨の木(レインツリー)”を聴く女たち》(1982)などの作品を書き,国内だけでなく外国でも高く評価された。…

【上海】より

…〈満洲は妻子を引きつれて松杉を植えにゆくところ〉であるのに対し,上海は〈ひとりものが人前から姿を消して,一年二年ほとぼりをさましにゆくところ〉(金子光晴《どくろ杯》)といわれるように,満州が開拓の対象であったのに対し,上海は混沌とした雑踏の中で,旧慣習の束縛から離れて自由に暮らせるところであった。そしてそれは若い文学者に新鮮な驚きと感動を呼びおこし,金子のほかに,武田の《上海の蛍》,横光利一《上海》,堀田善衛《上海にて》などを生みだした。これらの文化的産物は,〈大東亜共栄圏〉の展開の前に抗すべくもなかったが,戦後の日本の中国理解に大きな影響を与えたばかりか,日本文化,特に思想・文学の世界で一つの広がりを与えたことは見のがせない。…

※「堀田善衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀田善衛の関連キーワード神原富尚鈴木通夫鄭詔文辻隆津田秀夫宮脇檀山下和夫山田信夫(2)山村昌河野道代

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀田善衛の関連情報