持田信夫(読み)もちだ のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持田信夫 もちだ-のぶお

1917-1986 昭和時代後期の経営者。
大正6年8月30日生まれ。昭和20年父良吉の創立した持田製薬取締役としてはいり,39年2代社長となった。趣味人で,写真集「ヴェネツィア―沈みゆく栄光」ほか,随筆,翻訳の著作がある。昭和61年6月19日死去。68歳。東京出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android