コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持田製薬 もちだせいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持田製薬
もちだせいやく

医薬品メーカー。 1913年持田良吉が持田薬局を開設して創業,18年個人企業の持田製薬所を設置,45年株式会社に改組して現社設立。 51年に日本初の医療用酵素剤「スプラーゼ」を製品化する。酵素剤やホルモン剤,循環器官用薬を中心に,抗生物質なども手がけ,基礎化粧品や医療機器へも進出,総合医療企業に発展している。売上構成比は,循環器官用薬 44%,代謝性医薬品 12%,生物学的製剤7%,その他医薬品 22%,その他 15%。年間売上高 618億 3800万円 (連結) ,資本金 72億 2900万円,従業員数 2003名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

持田製薬

正式社名「持田製薬株式会社」。英文社名「Mochida Pharmaceutical Co., Ltd.」。製薬業。大正2年(1913)前身の「持田商会薬局」創業。昭和20年(1945)設立。本社は東京都新宿区四谷。医薬品販売会社。循環器・産婦人科系などの医療用医薬品を販売。主力は高脂血症治療剤。製造は子会社の持田製薬工場が担う。東京証券取引所第1部上場。証券コード4534。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

持田製薬の関連キーワード持田 信夫高瀬瑶子森 京介持田信夫黒川恵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持田製薬の関連情報